ディスクロージャーポリシー
1. IRの目的と基本姿勢について
 当社グループは、株主、投資家、アナリストなど、当社グループのステークホルダーの皆様に当社グループの価値を正当に評価していただくことをIR活動の目標としております。そのために、IR活動に当たっては、常に誠意を持った対応を心がけ、当社グループの経営方針、事業戦略、財務状況等に関する情報をわかりやすく、公平かつ適時、正確に提供することに努めることを基本姿勢としております。また、一部の特定の方に対し、特定の情報をお伝えすることはいたしません。
2. 情報開示についての基本姿勢について
 当社グループは、特定の個人や機関に情報が集中しないよう、迅速で公平な情報開示に努めてまいります。重要な会社情報に関しましては、「金融商品取引法等の定める適時開示等に関する規則」ならびに東京証券取引所が定める「有価証券上場規程」に則り、速やかに公表いたします。関係法令や適時開示等に関する規則に該当しない情報についても、株主、投資家の皆様のご期待に応えるべく、可能な限り積極的に当社ホームページに開示してまいります。
3. 情報開示の方法について
 当社グループは、重要事実に係る開示については、原則として、東京証券取引所の定める「有価証券上場規程」が定めるものは「適時開示情報伝達システム(TDnet)」において、金融商品取引法令等が定めるものは「電子開示システム(EDINET)」において開示・公表いたします。それ以外の情報開示についても、できる限り正確かつ公平に株主、投資家、アナリストの皆様方に伝えるよう配慮いたします。また、開示情報は、必要に応じて当社グループホームページ「株主・投資家向け情報」にも公表後迅速に掲載してまいります。
4. 業績予想および将来の予測について
 当社グループは、各四半期および通期の業績の開示を行うことにより、皆様の便宜を図ることを心がけております。なお、当社グループは、金融商品取引業(外国為替証拠金取引業)を営む株式会社マネーパートナーズ(以下、「マネーパートナーズ」という。)をグループ会社の一つに持っており、当社グループの業績は、マネーパートナーズの業績が相場動向や市場流動性などのマーケット環境ならびに国内および海外の経済環境等からの影響を大きく受けるため、予測が困難であるため、当社グループの業績予想の開示は行っておりません。また、当社グループが発表する将来予測に関する事項は、発表時点での予想であり、その後、前提を変更する場合や環境変化により、予告なしに変更されることがあり、その内容を保証するものではありません。アナリストや情報誌等の第三者による業績予測については、予測された方々のお考えによるものであるため、当社グループは一切言及いたしません。
5. 沈黙期間の設定について
 当社グループは、決算発表資料を準備している間に株価に影響を与える情報が漏洩することを防ぐために、各四半期および通期の終了日から決算発表予定日までを「沈黙期間」としております。この期間中、当社グループの役職員は、決算内容、事業の業績や見通し、あるいは予測について、言及することを控えさせていただきます。
6. IRポリシーの社内徹底について
 当社グループは、このポリシーを社内全体に浸透させ、徹底させてまいります。株主、投資家、アナリストの方からのお問い合わせにつきましては、すべからくIR担当部門が対応いたします。担当を限定することは、当社グループおよび当社グループ役職員を金融商品取引法等の関係法令による法的責任から保護することを目的としております。
7. 免責事項について
 当社グループは、当ホームページにより提供しているデータに関して万全を期しておりますが、それらの情報の正確性、完全性、有用性を保証するものではありません。また、ホームページのいかなる情報も、当社グループ株式の購入や売却などを勧誘するものではありません。情報の利用につきましては、利用者の判断によって行っていただきますようお願い申し上げます。なお、情報利用の結果生じたいかなる損害についても、当社グループは一切の責任を負うものではないことをご了承下さい。